交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤矯正、腰痛治療 埼玉県入間市下藤沢766-5 1F
くまはら接骨院 武蔵藤沢院
診療時間
月~金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
休  診
木曜日・日曜日

脊柱管狭窄症

こんな症状でお困りではありませんか?

■歩行やランニング中、立っている時などの痛みや痺れがある
■腰のあたり・足(太もも・ふくらはぎ)に痛みや痺れを感じ、時には冷えを感じる
■立ったままではおさまらず、背中を曲げたり、座って少し休むことで軽減する

脊柱管狭窄症とは

40歳以上の男性に多く、腰痛や歩行時に強くなる足の痺れ、足の痛み、足の冷えなどの症状がみられます。

脊柱管狭窄症は、脊柱管という脊椎の神経を囲んでいる管が加齢などの原因によって狭窄することで引き起こされます。

スポーツによるものでは、腰椎分離症から腰椎分離すべり症に移行し、脊柱管を圧迫する脊柱管狭窄症が最も多く、競技別では、ラグビー・柔道・テニスが多く発生しています。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状としては下記のようなものがあります。
①腰のあたり・足(太もも・ふくらはぎ)に痛みや痺れを感じ、冷えを感じる。

②立ったままではおさまらず、背中を曲げたり、座って少し休むことで軽減する。

③うつ伏せで寝れない、下り坂がつらい。

放っておくとどうなる?

日常生活の歩く動作、ランニング・ジョギング、立ちっぱなし等で痛みや痺れが増し、冷えを感じる回数も増えます。

陰部周囲の感覚低下、尿閉(尿が出ない)、頻尿(尿の回数が増える)、尿・便失禁(お漏らし)、勃起障害などがみられた場合、手術適応となる場合もあり、私生活に支障が出ます。

当院での治療

くまはら接骨院では脊柱管狭窄症の症状に対して、以下の治療を行います。

・患部に鎮痛効果の高い電気治療器具「ハイボルテージ」(皮膚抵抗を軽減し深部までアプローチ)
・物理療法が苦手な方に「3DMENS」(神経・筋肉を興奮させずにアプローチ)
・ミクロマッサージ効果で痛みを和らげる「超音波治療」(細胞へ1秒間に何百万回もの振動を与える)

上記の物理療法などを用いて患部へアプローチをします。
姿勢不良が原因で特定の部位にストレスがかかり、症状が出現することが多いために、手技によって、姿勢不良の原因である筋肉・関節に対して施術をしていくことで再発しない根本的な治療を行います。

脊柱管狭窄症の症状でお困りの方はくまはら接骨院にご相談ください

くまはら接骨院 武蔵藤沢院
https://kumahara-mf.info
〒358-0011
埼玉県入間市下藤沢766-5 1F
TEL 04‐2941‐6056
駐車場 5台完備

お悩みの症状から調べる

関連記事