交通事故治療、むち打ち治療、スポーツ傷害、骨盤矯正、腰痛治療 埼玉県入間市下藤沢766-5 1F
くまはら接骨院 武蔵藤沢院
診療時間
月~金 10:00~13:00 15:00~20:00
土曜日 10:00~19:00
休  診
木曜日・日曜日

整形外科と接骨院(整骨院)の違い 交通事故ではどちらを選べばいい?

交通事故のけがの治療のために最もよく利用される医療機関として、整形外科があります。
また、交通事故のけがでは、私たち接骨院(整骨院)もよく利用されます。

一般の方々から
「整形外科と接骨院は、どのように違うのですか?」
「どちらで治療を行えばよいのですか?」
といった質問を受けることがあります。

ここでは、整形外科医と接骨院の違いについて簡単に説明します。

整形外科は医師、接骨院は柔整師

まずは、整形外科と接骨院(整骨院)の定義上の違いについて説明します。

整形外科は医療機関、いわゆる「病院」です。医師(整形外科医)が診察や治療を行います。

問診やレントゲン、MRI、CTなど医療機器等も使いながら、けがの状況を調べ、投薬や注射、そして手術などの医療行為により治療を行います。

一方、接骨院は柔道整復師が治療を行う機関です。打撲、捻挫、脱臼および骨折などのけがに対し、マッサージや物理療法などによる治療を行います。

柔道整復師は国家資格であり、接骨院・整骨院を開業するには資格者でなくてはなりません。

なお、「接骨院」と「整骨院」の違いについてもよく聞かれるのですが、この2つは各院が自由につける名称の違いであり、定義上は同じものと考えて差し支えありません。

整形外科は客観評価に強み

整形外科と接骨院では、けがに対するアプローチの仕方、得意分野にも違いがあります。

整形外科の強みとして挙げられるのが、レントゲンやMRIのように画像等により客観的な評価ができることです。

これらの資料は、治療の仕方を考える際に使えるのはもちろんですが、交通事故では治療費の請求や後遺障害等級の認定のため、医師が作成した診断書があるか否かが決定的に重要となります。

また、体にメスを入れる手術など病院でなくてはできない治療もあります。
手術が必要となるようなけがであれば、当然、整形外科の治療が必須となります。

病院では「異常なし」と言われた交通事故の症状でも・・・

ただし、交通事故のけがでは、医者の目から見て「異常なし」といわれるときでも痛みがあったり、しびれがあったり、だるさがあったりといったことがあります。

検査機器の画像には現れない体の不具合は、誰にもわかってもらえない交通事故被害者特有の苦しみとして患者を悩ませることになります。

接骨院の強みには、この整形外科でもわからない体の不具合を多角的に診察することができることがあります。

事故の際、どのような方向から、どのくらい強い力がかかったか、また患者さん特有の身体的特徴など、多角的な観点から、現状、体に何が起こっているのか検証します。

医師により「改善の見込みがない」とされた症状であっても、接骨院の施術により大きく改善するということもあります。

また、医師により手術が必要とされる症状が接骨院の施術により改善することもあります。

大切なことは、整形外科と接骨院、それぞれの強みを知り、体の状態に合わせて使い分けることにあるといえるでしょう。

接骨院の強みを活かした交通事故の治技術を提供

くまはら接骨院は、接骨院の強みを活かし、患者さんの近くに寄り添い、交通事故のけが、骨折、打撲などに多角的にアプローチし、最善の治療を共に考え、一緒に改善していくことを心がけています。

医師の先生になかなか話せなかった体の不具合も、詳細に聞き取れるようコミュニケーションを行っています。

また、整形外科の先生との連携体制も築き、交通事故の治療費の請求等で必須となる医師の診断書作成の際、患者さんの状態を説明しています。

交通事故によるけがで、現在整形外科に通われている方も、お気軽にご相談ください。

お悩みの症状から調べる

関連記事